Avery Dennison Smartrac航空業界ページ

洞察

最新のリサーチ結果や、業界を揺るがす新しいトレンドをご紹介します。

規制は持続可能なサプライチェーンの転換点になりうるか
2021年11月5日
過去1年間に、サプライチェーンやESGの問題への影響について、多くのシニアビジネスおよびサステナビリティのリーダーと話す機会がありました。これらの会話から、サプライチェーンが企業の持続可能性への取り組みにおいて、最も影響力のある分野の1つと見なされるようになってきていることが分かりました。
世界的に有名なコンサルティング企業であるThe Future Laboratoryと提携し、Zero Waste Futures Report(廃棄物ゼロの未来)を公開
2021年11月8日

このレポートでは、ブランドと小売業者のアクションに繋がる戦略的枠組みを提供し、また廃棄物ゼロの未来と循環型経を実現するソリューションを加速させる、一連の主要な推進要因を概説しています。またベストプラクティスとケーススタディ、バイオミミクリー(生物模倣)素材、ライフサイクルの可視性、および循環型エコシステムに関する3つの「未来」シナリオ、廃棄物ゼロへの移行を推進するための6つの領域についても詳しく説明しています。

世界的なプレステージ・ビューティーブランドにおけるデジタルサプライチェーン変革
2021年6月24日
2020年に世界を変えた出来事は、化粧品ブランド、小売店、消費者の関係にも変化をもたらしています。コロナウイルスによって企業のデジタル適応力への期待が高まったと答えた消費者は68%(*1)に上り、フィジカルリテールとデジタルリテールの融合は、パンデミックによってさらに悪化しました。
RFIDは日本酒の流通をどう変えるか? 〜サプライチェーンの革新を目前に控えた物流・流通におけるRFID活用〜
2021年6月24日

日本を代表する銘柄である「獺祭」の蔵元である旭酒造は、RFIDテクノロジーを実装し、製造から販売に至るエンドツーエンドのサプライチェーンを可視化する、という経済産業省のプロジェクトの趣旨に賛同し、参加しました。Avery Dennison Smartracは、様々な業界とのパートナーシップを通じて培われた経験と最高水準の製品を駆使してこれを支援。酒蔵から酒販店までの行程をデジタル技術を使ってトラッキングすることで、「いつ」「どこに」「何が」といったモノ流れをリアルタイムで可視化するソリューションの実現を支援しました。

食品のトレーサビリティは、消費者の購買に対する意思決定にどのような影響をもたらすでしょうか?

2021年4月

Avery Dennisonはフランスの大手小売業向け雑誌であるLSAと提携し、食品購入に関する詳細および購入の選択に影響を及ぼす要素について調べました。 このインフォグラフィックで、本報告書の重要な発見事項を紹介しています。 

RFIDを導入してしない小売業者、配送業務で悪戦苦闘

2021年3月

小売業者が2020年の業績についていまだに評価を行っている一方、早期の研究では、Radio Frequency Identification(RFID)技術に投資を行わなかった企業は、店舗からの出荷、街頭や店舗内でのピックアップ作業に一貫性がないことから、悪戦苦闘していることがわかっています。

RFIDは自動車業界においてIndustry 4.0をどのように加速させるか

2021年3月

RFIDの統合は自動車製造プロセスを効率化させるだけではなく、パーツサプライヤーとの統合における透明性をもたらします。そしてIndustry 4.0がもたらすデジタル変革がもたらす全ての利点を実現します。明確なあらゆる利点がある一方、RFIDはいまだに技術や実装レベルで複雑さを残しています。 グローバルな製造環境において、正確にはどのような効果があるのでしょうか?

Auburn Universityは固有のデジタルIDを使用し、新型コロナウイルスに対処しています

2021年3月

米国アラバマ州にあるAuburn Universityは、RFID製品やメーカーの性能や品質を測定および認証するRFID Labがあることで世界的に知られています。 今年度、新型コロナウイルス感染拡大を考慮に入れ、RFID付きのサッカー場へのアクセスパスを使用し、ホームゲーム時の入場をモニタリングしています。

農場から食卓に至るまで、食品のトレーサビリティを強化する

2021年3月

消費者にとって食品のトレーサビリティはどれほど重要なのでしょうか? 小売業向け雑誌のLSAがAvery Dennison Smartracとの共同で行ったフランスの食品バイヤーを対象にした最近の調査によると、購入の意思決定をする際に大きく影響しているとのことでした。また固有のデジタルIDソリューションに関しても、その役割が大きくなっています。 

安全なエンドツーエンドのブランド保護ソリューションとNFCの価値の向上

2021年3月

Avery Dennison Smartracは、ウェブ認証em|linqチップを搭載した新しいインレイを発売することで、高性能市場大手NFC製品であるCircus Pro製品シリーズを拡大しました。 消費者の関心を引き、魅力を伝える新しい機能を提供することで、顧客は模造や偽造から保護する安全な製品認証機能から、新たなメリットを享受することができます。

atma.ioがサプライチェーンに透明性をもたらすゲームチェンジャーである理由

2021年3月

今月、当社はatma.ioコネクテッドプロダクトプラットフォームをグローバルで発表しました。消費者やブランドは真の循環性を実現するため、これを活用して個品を原材料まで遡ってトレーシングすることが可能となります。atma.ioは、サプライチェーンの運営方法や、あらゆる業界のグローバル企業がサステナビリティと透明性の大規模な目標を達成するための方法を、完全に再定義します。

Avery Dennison、ReFEDによる2030年に向けたロードマップで、ソリューションプロバイダーとしてリストアップ。米国の食品廃棄物を50%削減

2021年3月

ReFEDによるInsight Engine、並びに2030年に向けたロードマップにおいて、当社がソリューションプロバイダーとしてリストアップたことを誇りに思います。 当社は、デジタルID技術によって食品廃棄物の50%を削減する、という目標を実現するために、ポジティブな影響力があるしていると確信しています。ReFEDは、生産者から消費者までのサプライチェーンにおける各段階を調査し、廃棄物を防ぐ食品システムの取り組みを集中的に行うための「7つの重要な行動分野」を特定しました。

患者の安全性と体験を革新するスマートな医薬品パッケージ

2020年12月

Avery Dennisonは、Schreiner MediPharmおよびPragmatIC Semiconductor社と共同で、NFC技術を活用したスマートパッケージングを日常的な医薬品のユニットレベルにまで拡大し、患者の安全性と体験の大幅な向上を目指しています。

American Nuts社が最先端RFID ERCソリューションを導入し、在庫管理、運用、収益管理を実施

2020年12月

アメリカ人はナッツが大好きです。北米最大級のナッツ加工業者であるAmerican Nuts, LLCは、高品質な製品に重きを置くと同時に、ビジネス上の成果を上げることも大切にしています。 Senitron社とAvery Dennisonが新たに発表したRFID対応ERC(Enterprise Resource Control)システムは、その両方に大きく貢献しています。

スポーツ用品小売企業、ロボットによる自律的な在庫管理を可能にするRFIDの仕組みを導入。

2020年12月

Simbe Robotics社とDecathlon USAが提携し、フランスのスポーツ用品小売企業にSimbeのTallyロボットを導入しました。TallyのVisionにはAvery DennisonのUHF RFID技術が採用されており、ロボットは店舗内のソフトタグ付きの在庫アイテムをキャプチャして分析します。オハイオ州ミアミスバーグにあるAvery DennisonのRFID Labで「retail nirvana」を体験してみませんか。

サクセスストーリーは続く。Levi'sがAvery DennisonのRFID技術を3,000店舗に導入

2020年12月

Levi Strauss & Co.は世界最大級の有名ブランドアパレル企業であり、ジーンズウェアの世界的リーダーであるだけでなく、RFID技術を積極的に活用するユーザーであり、Avery Dennisonの長年の顧客でもあります。 この共同サクセスストーリーは、将来のアパレル小売企業におけるRFIDの役割を新たなステージへと導きました。

「A Portrait of a Supply Chain(サプライチェーンの肖像)」-なぜ透明性が重要なのか

2020年12月

このブログでは、Avery Dennison Smartracの副社長兼ゼネラルマネージャーであるFrancisco Meloが、最新のドキュメンタリー動画の中で紹介されたサプライチェーンにおける透明性とトレーサビリティの重要性について語っています。「A Portrait of a Supply Chain(サプライチェーンの肖像)」 、このドキュメンタリーでは、デジタルID技術がどのようにして、よりサステナブルなサプライチェーンを構築し、生産場所から販売場所、そしてその先にいる人々にどのようにポジティブな影響を与えるのかを探っています。

Retail 2020: The year of transformation-Ragtraderによるレポート

2020年10月

新型コロナウイルスの影響により、ショッピングの在り方がグローバルレベルで変化しています。 消費者はこれまで以上にオンラインでショッピングをするようになりました。こういった新たな需要に対応するため、企業には戦略的に多様化したアプローチを展開することが求められています。Avery Dennisonの提供で実施されたRagtraderによる最新レポートでは、オーストラリアの小売企業がデジタルIDと技術を利用し一歩先を行く、その方法について洞察が掲載されています。 

スペアパーツの物流を99.8%まで完璧に

2020年9月

Scania社は、世界100カ国以上にわたって輸送ソリューションを提供する世界有数の企業です。顧客の大型ローリーやバスを最小限のダウンタイムで稼働させるため、Scania社はベルギーのウードスベルゲンにあるグローバル物流センターで、RFIDベースで構築されたリアルタイムのトラッキングシステムを活用しています。

両方の世界でベストを: RFIDとEASが一体化した小売業向けインレイ

2020年9月

RAIN RFID(UHF)は、サプライチェーンや店舗の在庫管理を可能にする重要な製品であり、また既存のEASシステム(電子物品監視システム)においても、盗難防止に向けて十分な役割を果たしています。そのためAvery Dennisonでは、RFIDの機能を活用し、店舗の出口にRF EASゲートリーダーを設置したいと考えている小売企業向けに、デュアル技術を搭載したAD-362r6-Pインレイをご用意しています。

Avery DennisonとNordic IDの手助けのもと、Nesteがショッピングの未来を先導

2020年9月

フィンランドのヘルシンキでは、消費者がフリクションレスショッピングを活用する未来を垣間見ることができます。フィンランドのNesteが最近オープンした「Easy Deli」店舗では、RFID技術とNordic IDの最新セルフチェックアウトソフトウェアを組み合わせた、常識を覆す新しいショッピング体験を提供しています。 

食事とよりスマートな食品安全の新しい時代をお楽しみください!

2020年9月

Avery Dennisonがケータリング業界に参入したわけではありません。米国食品医薬品局(FDA)が最近発表した論文について、Avery DennisonのGlobal RFID Market Development FoodのDirectorであるJulie Vargasは、純粋に喜んでいます。この喜びを皆さんにも共有し、「スマートな食品」がなぜ皆さんにとって有益なのかを理解してもらいたいと考えています。

FDAの「New Era of Food Safety Blueprint(新時代の食品安全の構想)」が食品業界の未来へのロードマップである理由

2020年8月

食品の安全は、米国食品医薬品局(FDA)の優先事項です。包括的な計画を策定するため、FDAは複数の食品業界のリーダーを招待し、専門的な洞察の提供を受けました。Avery Dennisonは、どの内の技術系企業として参加しました。最新の記事では、FDAによる構想が食品業界の将来にとってどのような意味を持つのかをご紹介しています。

タッチレスショッピングは、ひとつの技術だけで実現できるわけではありません

2020年7月

Amazonをはじめとする利便性の高いブランドが画期的な技術を採用したことで、食品業界ではすでに「より早く、より簡単に、より楽しく」買い物を実現すべく、デジタルトランスフォーメーションに向けて動き出していました。SOTIのAnnual Connected Retailer Surveyによると、2019年1月の時点で、73%の消費者がショッピング体験を向上でき、人との関わりを減らすためのセルフサービス技術に賛成であると回答しています。

タッチレス技術がヘルスケアに強さをもたらす理由

2020年7月

新型コロナウイルスは、信頼性とパフォーマンスの高い医療システムの重要性を明らかにしました。ツール、医薬品、個人用保護具(PPE)など、信頼性が十分に高い安全な供給品の確保は、スタッフと患者の両者にとって非常に重要な点であり、今のような厳しい状況下ではなおさらです。RFIDはヘルスケアや医薬品のサプライチェーンにおいて、タグ付けされたすべての個品の可視化を場所や時間を問わず可能にします。

タッチレス技術でより安全なサプライチェーンを実現

2020年6月

新型コロナウイルスは、世界中のサプライチェーンに大きなプレッシャーを与えています。 IT、物流、小売業、サプライチェーンの主要幹部を対象とした最近のグローバル調査の結果で、回答者の63%以上が、新型コロナウイルスの感染拡大によってサプライチェーンの動きにさらに鋭く焦点を充てる必要があると考えています。そんな状況の中で、RFIDはどのように役立つのでしょうか?

新型コロナウイルス流行下で利便性が向上

2020年6月

ソーシャルディスタンスを置きたいというニーズは、より便利でデジタル化された「フリクションレス」なショッピングへの流れを加速させています。革新的な企業は、顧客満足度の向上、在庫管理の大幅な改善などを実現するためにRFIDを採用しています。 Avery Dennison SmartracのRFID Market Development for FoodのグローバルディレクターであるJulie Vargasは、パンデミック後の世界における「利便性」の新しい意味に関して、彼女の見解を語っています。

列に並ぶ必要がなくなる? 新型コロナウイルス時代を乗り越えるロードマップ

2020年5月

大手小売企業の閉店が相次ぐ一方で、生活必需品を扱う店舗では、市民の安全を守るために抜本的な対策を重ねています。しかしながら、行列は新型コロナウイルスを拡散させる温床となる可能性があります。「Scan and Go」プラットフォームは、効果的かつ今後も継続するソリューションとなり得るのでしょうか?

触れずに済む小売体験、これがニューノーマル

2020年5月

新型コロナウイルスは、消費者行動を根本的に変化させるでしょう。Avery Dennison、Global Avery Dennison Smartracの副社長兼ゼネラルマネージャーのFrancisco Meloは、「これまでの小売業にさらなる革新が必要であることは明らかであり、『タッチレス』な販売コンセプトは、実店舗が自身を守るだけではなく、小売業の未来を形作るのに役立つだろう」と述べています。

土壌から食卓まで。環境再生型農業は食品の透明性向上をどのようにもたらすか

2020年4月

土壌や生態系を枯渇させるのではなく、積極的に豊かにしていく農法である「環境再生型農業」が盛んになっています。The Future Laboratoryでは、パッケージングやストーリーテリング戦略を用いて、皆さんが食べる食品とそれを育てる土壌、そしてこれらが地球に与える影響とのつながりについて重要視している企業に視線を向けています。

今日、化粧品は世界で偽造される個品の上位を占めています。 これに対し、化粧品ブランドはどのようなアクションをとることができるでしょうか?

2020年3月

現在、英国では偽造品のトップ10に化粧品がランクインしており、消費者とブランドの双方にとって真の脅威となっています。The Future Laboratoryは、化粧品機器ブランドがインターネット時代の偽造製品にどのように取り組んでいるかについて、Foreo North Americaにインタビューしています。

McKinseyの 「Store of The Future(未来の店舗)」にSmartracが選ばれた理由

2019年12月

世界的なコンサルティング会社であるMcKinseyは、最近、複数の技術の力を引き出すための「Modern Retail Collective(最新の小売共同体)」ストアを立ち上げました。 当然、その技術にはNFCが含まれていること、さらにSmartracが唯一のNFC初期サプライヤであることは驚くには当たりません。

詰め替え可能な化粧品パッケージングが憧れの的に

2019年10月

かつてはニッチなコンセプトでしたが、今や多くの化粧品ブランドが詰め替え容器を採用し、お客様にラグジュアリーなものを提供できるよう製品を再設計しています。 The Future LaboratoryとAvery Dennisonは、この未来へのトレンド、およびRFID技術の活用法について探っています。

パッケージングにITを導入

2019年10月

自分が口にする製品に対する消費者の意識の高まりに伴い、食品メーカーやブランドは、消費者のニーズに応え、サプライチェーン、ひいては環境に良い影響を与える、スマートでサステナブルなパッケージング技術を求めています。

自分にあったライフスタイルサービスにおける革命が、食品パッケージングとラベルをどのように変えていくか

2019年9月

The Future Laboratoryは、Silo社のCEOであるTal Lapidotに、同社の真空シール式ストレージシステムが家庭における食品との付き合い方をどのように変えていくのか、という点についてインタビューしています。

ビール樽などのリターナブル輸送個品におけるトラッキングソリューション

2019年8月

Smartracは、RAIN RFID(UHF)および二重周波数(UHFおよびNFC)タグとして利用可能なMaxdura® Kegタグ製品ラインを発表しました。この製品は、ビール樽といったタグ付けが難しい曲面の金属容器に接着剤で取り付けたり、またPUで埋め込んだりすることができます。

なぜNFCはすべての人にとって魅力的なものになったのでしょうか?

2019年3月

NFCは、スマートプロダクトやコネクテッドプロダクトに実質的に無限の可能性をもたらす素晴らしい技術です。スマートフォンをタップするだけで、消費者エンゲージメントやブランドロイヤルティの向上、確かな製品認証、即時注文など、多様なアプリケーションを可能にします。

NTC: 製薬業界の「次の大きな流れ」とは

2018年9月

RFID技術とそのサブセットであるNFCは、物流や製造業、ブランドや小売など、様々な業界にすでに大きな影響を与えています。 次に大きなメリットを受ける可能性がある分野は医薬品です。これは、従来技術を超える多くの収益性とサステナブルなユースケースをRFIDが持っているからです。