化粧品およびパーソナルケア業界向けRFID

デジタル変革: 化粧品への挑戦

化粧品およびパーソナルケアの小売企業やブランドは、現在主に2つの課題に直面しています。小売業界におけるデジタルと現実世界の融合により、お客様にシームレスなショッピング体験を提供すること。そしてサプライチェーンの整合性を実現する事です。 

化粧品およびパーソナルケアの新時代

店外受け取りやバーチャルストアなど、化粧品小売業界における販売チャネルが増加しています。 消費者はこれまで以上に、いつでも、どこでも、好きなものを思うように買える環境を求めており、シームレスなショッピング体験へのニーズが高まっています。 化粧品メーカーは、流通チャネルに関係なく、ブランドの価値を守りながら、消費者が安全かつ効率的に製品に接する新しい方法を提供しなければならない、というプレッシャーを感じています。 バーチャル体験のようにデジタル化されたプラットフォームが増え、化粧品向けのEコマースが急速に普及しています。 

化粧品業界におけるニューフェイス。シームレスなショッピングとサプライチェーンにおける整合性の実現

化粧品業界は激変の時代を迎えています。 サプライチェーン管理から在庫の可視化、より豊かな消費者体験、そしてよりエシカルな方法を目指す時、このトランスフォーメーションの核となるのは技術です。 Avery DennisonのRFIDをはじめとするデジタルIDソリューションを活用し、すべての製品にデジタルIDを付加することで、ブランドはつながりを維持しながら、収益を向上させることができます。

  • 在庫精度: 店頭、倉庫、オンラインで販売されている製品をシームレスにつなげることによって、ブランドはより優れたショッピング体験を実現し、また在庫管理を最適化することができます。
  • 柔軟性: 化粧品業界では、店頭やオンラインに関係なく、バラエティに富んだラインアップが売上の原動力となります。 製品の需要は年々劇的に進化しており、ブランドのサプライチェーンにおける柔軟性の欠如が浮き彫りになっています。 消費者はチャネルにとらわれず、いつでもどこでも欲しいものを購入できるよう求めています。化粧品ブランドは、柔軟なサプライチェーンを持つことで、新しい状況にいち早く適応し、予期せぬ製品需要の変化に対しても、適切に対応できるようになります。 これは、顧客満足度の向上に不可欠なものであり、ブランドの評判やロイヤルティに直接影響します。 
  • ブランドの保護: 2018年、米国国土安全保障省によって押収された健康・安全・セキュリティ関連件数6000件の製品うち、26%が化粧品およびパーソナルケア用品の偽造品でした。化粧品のグレーマーケットは、消費者を危険にさらし、ブランドの評判と品位に対し高いリスクをもたらします。Eコマースやソーシャルメディアの発達により、偽造製品はこれまで以上に消費者の手に届きやすくなりました。 RFID技術を活用すれば、ブランドは製造時点からPOSまで、そしてそれ以降も、すべての製品をトラッキングすることができます。これにより、横流しを抑制し、利益の減少を抑え、ひいては消費者とブランドの間に、高いレベルの信頼関係を築くことができます。
  • サステナビリティ: 化粧品ブランドでは、常に豊富な品揃えを確保するために、製品を多めに生産することが通例となっています。このような状況では、流行の変化の早さに合わせて、すべての在庫を期限内に販売できるとは限らません。そのため、不要な過剰在庫が発生することがあります。こうした過剰製品の製造、流通、また廃棄にかかるエネルギーや原材料のコストは非常に大きく、地球やブランドエクイティにも負担をかけています。RFIDによる在庫管理の抜本的な改善により、ブランドは製品生産の最適化を図ることができ、結果的に過剰在庫や無駄を削減し、収益とブランドの信頼性を向上させることができます。
  • 革新性: 当社の化粧品向けRFIDタグは、金属製のパッケージングや液体を含むパッケージングでも使用できるよう特別に設計されているため、素早く正確に読み取ることができます。 そのため、化粧品小売店舗のような密集した販売環境のみならず、製品が物流拠点から店頭に並ぶ際のカートンレベルにおいても、個々の製品を識別することができます。Avery Dennisonは、こうした機能を備えた金属対応性タグを、大量に取り付けできるよう、リーズナブルな価格で販売した最初のRFIDメディアサプライヤです。私たちの製品ラインアップは、工場、物流センター、また店舗で化粧品製品にタグ付けするための包括的なソリューションを提供します。
  • 消費者とのつながり: オンライン上での化粧品販売が増加する中、ブランドは、アンバサダーや仲介業者を必要としない、顧客との関わり方、その多様化の方法を模索しています。 RFIDを使用することで、顧客は購入後も製品と接することができます。当社のatma.ioコネクテッドプロダクトプラットフォームは、製品を通じてブランドや小売企業と消費者をつなげることで、コミュニケーションのやりとりを可能にします。 それぞれの製品に「デジタルパーソナリティ」を割り当てることで、ブランドはマーケティング活動を変革し、顧客エンゲージメントを向上させるとともに、製造から販売終了に至るまで、すべての製品について、リアルタイムのデータと消費者に関する洞察を取得することができます。

atma.ioコネクテッドプロダクトプラットフォームと共に歩む: クリーンビューティー

atma.ioは、製品をデジタルプラットフォーム化することで、製品をお客様との直接的なコミュニケーションチャネルに変えることができます。 atma.ioが提供する、サプライチェーンにおけるエンドツーエンドの透明性により、お客様は製品に関係するすべての行程を確認することができます。原材料の品質、原産地、倫理的な調達から製品の信頼性まで、調達チャネルは関係ありません。お客様が製品を購入した後で、ブランドはいまだかつてない新しい形でお客様との関係を構築することができ、これによってリサイクルの推進、ブランドの信頼の確立、再購入の促進を実現します。

 

 

当社の専門家チームによるライブデモに興味をお持ちですか?

 

当社の製品および革新性

AD-163u8インレイは、化粧品やパーソナルケア製品を対象にした困難な環境においても、最適な読み取り距離を可能にします。 この細長いフォームファクタと長方形の形状により、小売業における用途の幅はさらに広がり、在庫精度の改善、サプライチェーンにおける俊敏性の向上、すべてのチャネルにわたる可視性の強化を実現します。

そしてAD-456u8オンメタルタグは、金属や液体を含むアイテムにRFIDを取り入れることができます。これらの金属対応性を持つインレイにより、化粧品、フレグランス、スキンケアにまでRFIDの利点を広げることができます。その結果、店舗やサプライチェーン全体で、残り1点の在庫に至るまで、これまでにない可視化を実現します。

Midas Flagtag®は、その他の困難なアプリケーション、特にアルミパッケージのような金属表面といった様々な種類の表面を持つ製品に対して、個品レベルのタグ付けができるように設計されており、優れた性能を兼ね備えています。Midas Flagtagは、革新的な小型フォームファクタを採用することで、金属面をアンテナ構造の一部として使用することでタグの性能を高めています。 

Midas Flagtagは、小売店のあらゆる商品にタグを付けることができるため、小さな商品やタグ付けが難しい化粧品およびパーソナルケアなども含めた、タッチレスチェックアウトによる完全に自動化されたショッピング体験を実現します。これにより、お客様の時間短縮と利便性につながり、小売店はスタッフをより生産的な業務に集中させることができ、また棚卸しの改善や万引きの減少などの大きなメリットにつながります。

その他の製品やソリューションについては、こちらの製品検索をご覧ください。
 

実際の活用事例

RFID技術は化粧品業界のグレーマーケットにどう挑むか

化粧品業界ではグレーマーケットへの関心が高まっています。グレーマーケットはブランドの評判を落とし、消費者の安全性を脅かす可能性があります。今に始まったことではありませんが、新型コロナウイルスの流行によってこの状況はさらに悪化しました。Avery Dennison Smartracソリューションは、製品にデジタルIDを与え、これまでにないレベルの可視性を実現することで、ブランドはサプライチェーン全体を通して製品をトラッキングし、横流しなどを防止することができます。

Grupo Boticário社を支援。Ernst & YoungがRFIDの利点の理解をサポート

化粧品用タグ、深い専門知識、そして強いパートナーシップを武器に、Avery Dennisonはブラジルの化粧品業界において初めてRFIDを導入した事例において、優れたパートナーとなりました。複雑化するサプライチェーンにエンドツーエンドのトレーサビリティを求めていたGrupo Boticárioは、2018年にEYを採用し、6ヶ月にわたるRFIDのテストを実施。その結果、在庫切れ状態を97%、そして労働力を14%減少させ、収益の増加を実現しました。

Loading...
デジタルアイデンティティ。それは未曾有の時代に、化粧品ブランドや小売業界を後押しする技術です。

現実世界とデジタル世界のシームレスな融合が必須となっている現在、エンドツーエンドにおいて個品ごとの明確な情報を得られないという状況は、進化し続ける消費者の要求に対応しなければならない小売企業にとって致命傷となります。特に新型コロナウイルスの流行下では、その傾向が顕著です。WWDと実施した最新のウェビナーで、デジタルIDが化粧品業界に果たす役割を探り、業界の将来性を確保するためにどのようなデジタルトランスフォーメーションが必要となるのかについて、議論しました。