食品ビジネスを変えるRFIDとデジタルID

食品ビジネスに変革をもたらすRFIDとデジタルID

食品業界は、製造においても日常生活においても、新しい技術の進化によって、深く激しい変化の時代を迎えています。IoTにより、消費者の生活のほぼすべてが、フリクションレスと自動化に向かって進化しています。レジレス型店舗から、スマートスピーカーを経由した注文まで、時間に追われている消費者は面倒なショッピングの回避を求めています。また、お客様は自分が口にする食品に何が含まれているのか、どこから来たのかを知りたいと感じています。今やサプライチェーンは夕食の話題となり、利便性の提供に向けた競争が繰り広げられています。よりスマートなサプライチェーンは、何よりも透明性の提供と、説明責任を果たさなければなりません。

サステナビリティと消費者体験の向上

RFIDのようなデジタルIDソリューションは、在庫管理を劇的に改善し、何が入荷されたのか、どれだけの製品があるか、そしていつ出荷されるかを、99%の精度で正確に把握することができます。これにより、自動化が可能になるため、品質と保存性を妥協することなく維持し、また紛失した製品を見つけ出し、必要な場合のみ配送先を変えたり、また撤去できるようになります。 

食品の未来はここにある

RFID対応ラベルを使用し、あらゆる在庫商品に固有の識別子を付与、オンラインへとつなげることで、食品業者、レストラン、コンビニエンスストア、食品メーカーの在庫管理、効率性、トレーサビリティ、サステナビリティ、顧客満足度を劇的に向上させます。私たちは、お客様の最も差し迫った課題を解決するためにソリューションを設計し、急速に変化する業界のニーズの一歩先を行くため、常に革新を続けています。

  • 在庫管理: RFID技術により、在庫やサプライチェーンを正確に把握でき、市場の変化に柔軟に対応し、消費者の要求に応えることができます。 RFIDソリューションを活用すれば、補充と品出しを目的とした高度なモデルを実現することができます。 結果として、製品の補充をより迅速に行うことができ、顧客の不満や、在庫切れによる売上のロスを減少させることができます。
  • トレーサビリティ: 食品供給の透明性を期待する消費者がこれまで以上に増えています。同時に、製品のリコールは数百万ドルにも及ぶビジネス上の大きなリスクとなっています。当社のソリューションを活用することで、供給元から最終的な目的地まで、サプライチェーン全体にわたる食品の移動を検証し、途中のトラブルをピンポイントで特定するなどして、リスクとコストを最小限に抑えることができます。
  • フリクションレスショッピング: フリクションレス技術が渦巻く中、RFIDはあらゆる規模の食品小売業者にとって最良の選択肢として考えられるようになりました。顧客にとってより簡単で楽しい体験を提供するだけでなく、ビジネスに強力な優位性をもたらします。
  • サステナビリティ: 過剰生産の回避と食品廃棄物の削減を求める消費者の声は、世界中で高まっています。RFIDにより、各地域の需要に合わせて在庫を調整すれば、20%もの無駄を削減することができます。またRFIDにより提供されるデータは、賞味期限についても非常に優れた可視性を有しているため、賞味期限切れが近い商品に割り引きを実施するなど、販促にも適用することもできます。また、温度管理が必要な製品については、サプライチェーン間の移動をモニタリングすることで、腐敗による無駄を防ぐことができます。

atma.ioコネクテッドプロダクトプラットフォームと共に歩む: 地元産サーモン

atma.ioは、製品をデジタルプラットフォーム化することで、製品をお客様との直接的なコミュニケーションチャネルに変えることができます。 atma.ioが提供する、サプライチェーンにおけるエンドツーエンドの透明性により、お客様は製品に関係するすべての行程を確認することができます。地元でとれたオーガニック認証から、農場から食卓までの安全な取り扱いまで。これにより、お客様が製品を購入した後、いまだかつてない形でお客様との関係を構築することができ、また食品廃棄物を減らすための助言、ブランドの信頼の確立、再購入の促進を実現します。 

 

 

当社の専門家チームによるライブデモに興味をお持ちですか?

 

当社の製品とその革新性

当社の金属対応性インレイにより、缶詰や飲料、金属アルミパッケージなどの商品すべてにRFIDを適用することができます。この革新的なタグは、店舗やサプライチェーン全体において、残り1点の在庫に至るまで、これまでにない可視化を実現します。

Midas Flagtag®は、タグ付けが困難なアイテム、特にアルミパッケージのような金属表面といった多様な表面に対し、個品レベルのタグ付けができるように設計されており、また優れた性能を兼ね備えています。Midas Flagtagは、革新的な小型フォームファクタを採用しているため、タグの折り畳み部分が旗のように金属から飛び出しており、金属面に密着したその部分は、アンテナ構造の一部として金属面を活用することで、タグの性能を高めます。 

そしてついに、小売企業は電子レンジで温めるパッケージに対してもRFIDのメリットを付加できるようになりました。 数々の賞を受賞した、当社の画期的なWaveSafe™タグは、RFIDラベルの付いた冷凍または冷蔵食品を電子レンジで加熱することで発生する発火リスクを排除しながらも、非常に正確な読み取り性能と商品のトラッキングを実現します。WaveSafeタグは、在庫管理の改善、人件費や廃棄物の削減など、RFIDのあらゆるメリットを冷蔵冷凍食品や惣菜の分野にもたらします。

その他の製品やソリューションについては、こちらの製品検索をご覧ください。
 

実際の活用事例

フリクションレス食品の未来

食品のフリクションレスショッピングは、もはや「未来のもの」ではありません。 今まさに、食品業者やコンビニエンスストア、新興ブランドが、食品市場シェアを獲得するために導入しているのです。 

本レポートでは、食品業界において、デジタル化されたショッピングが、単に利便性をもたらすだけでなく、新型コロナウイルス流行下におおいて救世主としての役割を果たしている、といった最新の変化について、真の知見を明らかにします。

Dirty Lemonが飲料業界を変革する

高級飲料ブランドのDirty Lemonは、RFID技術を活用し、ニューヨークのトライベッカ中心部にある店舗で、完全なフリクションレス体験を実現しました。 RFIDは、各飲料品に固有の識別子を割り当てます。それによって、同ブランドは製品のライフサイクルを追跡し、盗難を減らし、消費者体験を向上させ、フリクションレスなの支払いへの対応を実現しました。

Loading...
食品について話しましょう

食品業界向けの当社のソリューションを活用することで、ブランドはグローバルなサプライチェーンをより効果的に管理することができます。 IoTデバイスとAIコンピュータによって強化されたブロックチェーン対応のフードサプライチェーンは、食品消費において廃棄物ゼロを達成する可能性を秘めています。